ロックダウン再実施なら対象地域を限定=フランス新首相

ロックダウン再実施なら対象地域を限定=フランス新首相
[パリ 8日 ロイター] - フランスのカステックス新首相は8日、新型コロナウイルス感染の第2波が発生しロックダウンを再び実施しなければならなくなった場合は、全土ではなく対象地域を絞って実施する方針を示した。
フィリップ前内閣は3月半ばから5月11日まで全土に厳しい封鎖措置を導入した。一部の規制は今も継続している。
カステックス首相はBFMテレビに対し「第2波に備えなければならないが、経済、社会面で深刻な影響をもたらした3月のような全土封鎖は実施しないつもりだ。実施するとしたら対象を絞ったものになる」と述べた。
新型コロナの影響で中断している組合や企業との年金改革を巡る協議を20日までに再開する見通しを示した。
また医療従事者の賃金引き上げに75億ユーロを投じる方針を確認。組合側の90億ユーロへの増額要求については、新型コロナ対応で財政が圧迫されているとして否定的見解を示した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月8日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。