ファーストリテ、通期業績予想を下方修正 緊急事態宣言で減損損失も

ファーストリテ、通期業績予想を下方修正 緊急事態宣言で減損損失も
[東京 9日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>は9日、2020年8月期(国際会計基準、IFRS)の連結営業利益予想を前年比49.5%減の1300億円に下方修正したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた国内での緊急事態宣言の影響や、海外店舗の再開が想定より遅れたことで、3―5月期の業績が全セグメントで計画を下回ったことを織り込んだ。
19年9月ー20年5月の連結累計期間で減損損失を計上し、6―8月期にも追加の減損損失リスクを見込んでいるという。純利益予想も同47.7%減の850億円に下方修正した。リフィニティブがまとめたアナリストによる営業利益予想の平均は1490億円。同社は4月にも業績予想の下方修正を発表していた。年間配当予想は前年と同額の1株当り480円。
事業そのものの収益を示す事業利益は前年比43.4%減の1500億円で据え置いた。グローバルで過度な値引きを抑制したほか、経費削減を強化した。国内のユニクロ事業などや、グレーターチャイナのユニクロ事業の業績が想定を上回るペースで回復しており、予想を達成できるペースで進捗していると説明している。
19年9月─20年5月期の連結営業利益は前年同期比46.6%減の1323億円だった。新型コロナの影響を踏まえた店舗の臨時休業や営業時間短縮で各セグメントが大幅な減収減益になったほか、業績悪化で赤字店舗の固定資産や使用権資産の減損損失を152億円計上した。売上収益は同15.2%減の1兆5449億円と落ち込んだ。純利益は同42.9%減の906億円だった。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。