アビガンの臨床研究で新型コロナ患者に統計的な有意差みられず 藤田医科大学が発表

記事まとめ

  • 藤田医科大学はアビガンの臨床研究で統計的な有意差はなかったと発表。
  • 同研究は、新型コロナウイルス感染症の無症状や軽症の患者が対象。
  • 富士フイルム富山化学も臨床試験を進めている。

アビガンの臨床研究、統計的な有意差みられず=藤田医科大学

アビガンの臨床研究、統計的な有意差みられず=藤田医科大学
[東京 10日 ロイター] - 藤田医科大学(愛知県)は10日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補となっているアビガンの臨床研究の結果について、統計的な有意差はなかったと発表した。
同研究は無症状や軽症の患者が対象。アビガンを投与した患者が、投与しなかった患者に比べてウイルス消失や解熱に至りやすい傾向はみられたものの、統計的有意差には達しなかったとして、明確な有効性が示されなかったことを明らかにした。
アビガンについては、富士フイルム富山化学も臨床試験を進めている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。