シンガポール総選挙、与党勝利も得票率最低水準 野党が最多議席

シンガポール総選挙、与党勝利も得票率最低水準 野党が最多議席
[シンガポール 10日 ロイター] - シンガポールで10日、議会(一院制、定数93)総選挙の投票が行われ、リー・シェンロン首相が率いる与党、人民行動党(PAP)が83議席を獲得した。
一方、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中、野党第一党の労働党は過去最多の10議席を獲得した。PAPの総得票数は61%と最低水準となった。
シンガポールの野党に関する著書もあるLoke Hoe Yeong氏は「選挙結果は野党の一部の予想さえ上回るものだった」と指摘。有権者がパンデミックのさなかに選挙を実施したPAPに反発の声を上げたようだと述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月11日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。