ブリヂストンが収益悪化でべチューン工場閉鎖へ、フランス反発

ブリヂストンが収益悪化でべチューン工場閉鎖へ、フランス反発
       
[東京/パリ 16日 ロイター] - ブリヂストン<5108.T>は16日、欧州の乗用車用タイヤ市場の収益構造悪化などを踏まえ、グループ会社ブリヂストン フランス エスエーエスが保有する仏べチューン工場の閉鎖に向けて関係者と協議に入ったと発表した。乗用車用タイヤを生産する同工場の従業員数は863人で、生産能力は1日約1万7000本。
連結業績に与える影響は算出可能になり次第、速やかに開示するとしている。
フランスのボルヌ労働相とパニエリュナシェ経済閣外相は連名で声明を発表、工場閉鎖は全く同意できないとし、「欧州内の別の工場のためにべチューン工場への投資を長年怠ってきた」と指摘した。
*フランス政府の反応を追加しました。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。