トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指名

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指名
       
[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領は26日、すい臓がんによる合併症のため18日に死去した米最高裁判所の女性判事ルース・ギンズバーグ氏の後任に、保守派のエイミー・バレット連邦控訴裁判事(48)を指名した。
トランプ氏による最高裁判事の指名は3人目。バレット氏の指名が承認されれば、女性としては5人目の最高裁判事となる。また、保守派判事はリベラル派に対し6対3の割合となり、最高裁の保守化が進む。
最高裁で保守派の判事が多数を占めれば、人工妊娠中絶の権利の大幅な制限、宗教に関する個人の権利の強化、銃の所持に関する権利の拡大、性的少数者(LGBT)の権利拡大の制限、投票権の新たな制限など、話題性の高い問題で米国を右傾化させる可能性がある。
トランプ氏が2017年に最高裁判事に指名したニール・ゴーサッチ氏や18年に指名したブレット・カバノー氏と同様、バレット氏は年齢が若いことから、終身制の最高裁判事の職を数十年間務め、長期にわたり保守派として影響を及ぼす可能性がある。
保守派として知られた故アントニン・スカリア元最高裁判事の調査官を務めたバレット氏は、ホワイトハウスで26日行われた式典で、スカリア氏の路線を踏襲すると表明。「スカリア氏の司法哲学は私のものでもある。判事は政策立案者ではなく、書かれたとおりに法を適用しなければならない」と述べた。
バレット氏は敬虔(けいけん)なカトリックで、2017年にトランプ大統領からシカゴに本部を置く第7巡回区連邦控訴裁の判事に指名された。ハイチ出身の養子を含め7人の子どもを持ち、大統領の重要な支持基盤であるキリスト教保守派の間で支持が厚い。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。