米、人種間の富の格差やや縮小=FRB調査

米、人種間の富の格差やや縮小=FRB調査
       
[ワシントン 28日 ロイター] - 米国の人種間の富の格差がトランプ大統領の4年の任期のうち最初の3年間でやや縮小していたことが、連邦準備理事会(FRB)が28日に公表した調査結果で明らかになった。失業率の低下で低所得層が恩恵を受けたことなどが背景。
FRBが3年に一度実施する消費者金融調査(SCF)によると、所得上位10%の家計が全体の富の約71%を保有し、この割合は2016年の前回調査とほぼ変わりがなかった。
所得額の格差も依然として大きく、白人家計の所得額の中央値は18万8200ドルと、アフリカ系住民の家計(2万4100ドル)の約8倍、ヒスパニック系住民の家計(3万6100ドル)の約5倍だった。
ただ、前回調査後の3年間で、アフリカ系住民とヒスパニック系住民が保有する富は大きく増加。純資産の中央値は、アフリカ系住民の家計で33%、ヒスパニック系住民の家計で65%、それぞれ増加し、白人系住民の家計の3%増を大きく上回った。
調査対象時期は株価が力強く上昇。住宅保有率も上昇した。住宅価格が上昇したことも、低所得層の純資産の増加に全般的に貢献したとみられる。
今回の調査は、新型コロナウイルス感染が拡大する前の19年に実施された。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。