東芝がシステムLSI事業から撤退、米中摩擦続いても収益確保へ

東芝がシステムLSI事業から撤退、米中摩擦続いても収益確保へ
       
[東京 29日 ロイター] - 東芝は29日、システムLSI事業から撤退すると発表した。半導体事業の選択と集中を進め、米中貿易摩擦などで不透明な事業環境が続いても、安定的に収益を確保できる体制を整えるという。
2021年度に150億円以上の固定費削減効果を見込む。
先端システムLSIの新規開発から撤退する。画像認識プロセッサーなど既存製品の販売・サポートは継続する。一方、アナログICとマイコンは、モーター制御用の新規開発や販売・サポートを継続し、リソースを集中する。
人員再配置と早期退職優遇制度を通じ、770人を対象に人員の適正化を図る。20年度に約118億円の費用が発生するが、業績予測に織り込み済みとしている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。