ドイツ、全世界への一律の渡航警告を解除

ドイツ、全世界への一律の渡航警告を解除
       
[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツ政府は1日、欧州連合(EU)を除く全世界への一律の渡航警告を解除した。ただ、新たな規制も導入されており、大半の渡航者にとって状況は大きく変わらないとみられる。
ドイツ政府は、新型コロナウイルスの流行を受けて3月に全世界への渡航警告を出したが、大半のEU加盟国については6月に渡航警告を解除した。その後、9月に入り、過去1週間の新規感染者数が人口10万人当たり50人を超える欧州地域を対象に再び渡航警告を発令している。
今後はEUを除く世界各国についても、同じ基準が適用される。
ドイツでは400万人近いトルコ系住民が暮らしており、トルコに対する特別規定は継続する。
国内の感染率が低く、ドイツからの入国を制限しているオーストラリア、中国、カナダ、ルワンダ、ウルグアイなどについても、渡航警告を継続する。
また、ドイツ外務省はベルギーの一部地域に出していた渡航警告をベルギー全土に拡大。ウェールズ、北アイルランド、ジブラルタル、アイスランドへの渡航警告も出した。
フランスへの渡航についても、グランエスト地方を除き渡航警告を発令。エストニア、アイルランド、リトアニア、ルーマニア、スロベニア、ハンガリー、クロアチアの一部地域に対する渡航警告も出している。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。