米失業保険申請83.7万件に減少、高止まりで追加支援必要性裏付け

米失業保険申請83.7万件に減少、高止まりで追加支援必要性裏付け
       
[ワシントン 1日 ロイター] - 米労働省が1日に発表した9月26日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は83万7000件と、前週の87万3000件からやや減少した。ただ高止まりしており、政府の追加支援策の必要性が改めて裏付けられた。市場予想は85万件だった。
エコノミストは、新型コロナウイルス危機からの経済と労働市場の回復について、新たな政府支援策がなければ停滞する恐れがあると警告する。新型コロナ追加経済対策を巡っては、ペロシ下院議長とムニューシン財務長官が超党派の合意に向け協議している。
MUFG(ニューヨーク)のチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「景気回復は空回りしている。経済の正常化には時間がかかる」と述べた。
今回の数字は、カリフォルニア州が新規申請を2週間停止したことも影響しているとみられる。同州は停止期間中に未処理の申請を減らし、不正防止策を実施する。労働省は、この停止によって申請件数が週ごとに著しく変動する可能性があるとしている。
同省によると、カリフォルニア州の新規申請データは停止の前週に報告された水準を反映している。新規申請処理が再開すればデータを更新するという。
新規失業保険申請件数は8月に100万件を下回った後も高水準で推移。3月下旬に記録した過去最高の686万7000件からは減少しているが、2007─08年のグレート・リセッション(大不況)時のピークである66万5000件は上回っている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。