原油先物3%安、需要見通し悪化やOPEC産油量増加で

原油先物3%安、需要見通し悪化やOPEC産油量増加で
       
[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米国時間の原油先物は3%下落した。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によって需要見通しが悪化したほか、石油輸出国機構(OPEC)の原油生産量が9月に増加したことも重しとなった。
清算値は、北海ブレント先物<LCOc1>が1.37ドル(3.2%)安の1バレル=40.93ドル。一時39.92ドルまで値を下げた。米WTI原油先物<CLc1>は1.50ドル(3.7%)安の38.72ドル。一時6%超下落し、安値37.61ドルを付けた。
PVMオイルのアナリスト、タマス・バーガ氏は「新型コロナが封じ込められていないことが明らかになった。感染率が上昇しているほか、世界の死者数が100万人を超え、世界は再び悲観的になっている」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。