米仏ロがナゴルノ紛争の即時停戦呼び掛け トルコ反発

記事まとめ

  • ロシア、米国、フランスはナゴルノ紛争に共同声明を発表。
  • アルメニアとアゼルバイジャンに和平協議を行うよう呼び掛けた。
  • 対し、トルコは3カ国の仲介に反発している。

米仏ロ、ナゴルノ紛争の即時停戦呼び掛け トルコ反発

米仏ロ、ナゴルノ紛争の即時停戦呼び掛け トルコ反発
       
[バクー/エレバン/パリ 1日 ロイター] - ロシア、米国、フランスの3カ国は1日、旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアの間で勃発したナゴルノカラバフ地域を巡る戦闘を巡り、即時停戦を呼び掛ける共同声明を発表した。これに対し、トルコは反発している。
米仏ロは、旧ソ連時代から続くナゴルノカラバフ地域を巡る民族紛争の調停に向け欧州安保協力機構(OSCE)が設置した「ミンスクグループ」の共同議長国。声明で「関与する軍事勢力に対し、即時停戦を求める」とし、アルメニアとアゼルバイジャンに前提条件なしに和平協議を行うよう呼び掛けた。
こうした中、トルコのエルドアン大統領は3国の仲介に反発。トルコ議会で「米仏ロが約30年にわたりこの問題を放置してきたことを踏まえると、今になって停戦に関与することは受け入れられない」とし、「アルメニアの侵略者」がナゴルノカラバフから撤退しない限り長期的な停戦は実現しないと述べた。
ロシア外務省によると、ロシアのラブロフ外相はトルコ外相と電話会談を行い、事態の沈静化に向け協力していくことを確認した。
声明発表に先立ち、フランスのマクロン大統領とロシアのプーチン大統領は9月30日夜に電話会談を行い、停戦の必要性で合意。その数時間後、10月1日に入ってから米国のトランプ大統領も含め、3国で共同声明を発表した。
仏大統領府は、プーチン氏との電話会談で「トルコがシリア傭兵をナゴルノカラバフ地域に送り込んでいることに対する懸念」を共有したと表明。ロシア側の声明にこの件に関する言及はないが、タス通信は、ロシア大統領府はシリアとリビアからナゴルノカラバフ地域に兵士が送り込まれているとの疑惑は極めて危険と認識していると報じている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。