ドル指数1週間ぶり安値、米コロナ対策巡る期待で=NY市場

ドル指数1週間ぶり安値、米コロナ対策巡る期待で=NY市場
       
[ニューヨーク 1日 ロイター] - ニューヨーク外為市場で、ドル指数が約1週間ぶり安値に沈んだ。追加の米コロナ経済対策への期待を追い風に、高利回り・高リスク通貨の買いが膨らんだ。
ムニューシン米財務長官とペロシ下院議長は暗礁に乗り上げている追加の新型コロナウイルス経済対策を巡り、この日も電話会談を行ったが、主要部分の見解の相違は埋まらなかった。今後も協議は続けられる。
バンノックバーン・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は、ムニューシン、ペロシ両氏が「多くのシグナルを発している。大統領選前に実現しなくても、選挙後に何らかの実現があるだろう」と指摘。同時に「第4・四半期に突入する中、市場参加者は株を買い、リスクを取る動きとなっている」と述べた。
終盤の取引で、ドル指数<=USD>は0.1%安の93.722。一時、9月22日以来の安値となる93.522を付けた。
ユーロ/ドル<EUR=EBS>は0.2%高の1.1743ドル。
ドルは資源国通貨に対しても下落した。豪ドル<AUD=D3>、ニュージーランドドル<NZD=D3>、カナダドル<CAD=D3>は対ドルで、それぞれ0.3%、0.6%、0.4%上昇した。
オフショア中国人民元<CNH=EBS>も一時、対ドルで昨年5月初旬以来の高値となる6.7306元を付けた。中国市場が休場で流動性が低下し、相場の動きが誇張されたことも背景にある。その後、ドル/元は0.5%安の6.7506元の水準で推移した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。