米外食チェーンのルビオズ、連邦破産法11条の適用申請

       
[26日 ロイター] - 米国の外食チェーン、ルビオズ・レストラン(カリフォルニア州)が26日、連邦破産法第11条の適用を申請した。
同社は1983年にタコスの屋台として出発。現在は「ルビオズ・コースタル・グリル」を運営しているが、新型コロナウイルスの流行を受けて業績が悪化していた。
債権者と再建計画を事前調整する「プレパッケージ型」の破産申請で、債務を大幅に減らし、年内に破産法第11条の適用下からの脱却を目指す。
同社はカリフォルニア、アリゾナ、ネバダ州で167店舗を展開。従業員は3400人。さらに104人が一時帰休となっている。
新型コロナの流行を受けて、不採算店26店舗をすでに閉鎖。コロラド、フロリダ州から撤退した。
資産は5000万ー1億ドル、負債は1億ー5億ドル。
米国では新型コロナの流行を受けて、ピザハットやウェンディーズを展開するNPCインターナショナルや、カリフォルニア・ピザ・キッチンなどの外食チェーンが破産法の適用を申請している。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。