ANAが需要戻らずスリム化急ぐ LCCを強化

記事まとめ

  • ANAホールディングスは9月中間決算と事業構造改革を発表。
  • 通期で過去最悪の最終赤字になる見通し。
  • 需要回復は見込めず、国際線は縮小、国内線はLCCと効率化を図る。

ANA、過去最大の最終赤字へ 航空事業の規模縮小

ANA、過去最大の最終赤字へ 航空事業の規模縮小
       
[東京 27日 ロイター] - ANAホールディングス<9202.T>は27日、2021年3月期の連結業績が5100億円の最終赤字(前年同期は276億円の黒字)になる見通しと発表した。新型コロナウイルスによる旅客需要の激減で大幅に収入が減り、航空機などを減損、過去最大の赤字となる。航空事業の規模を縮小し、機材・人員削減などで来年度はコストを2500億円削減する。劣後ローンで4000億円を調達し、財務基盤も改善させる。
片野坂真哉社長は会見で、「あらゆる手を打ち、来年度(22年3月期)は必ず黒字化を実現したい」と強調。航空事業の規模を「一時的に小さくしてコロナ禍のトンネルを抜ける」と語った。一方、中長距離の国際線を中心とする格安航空会社(LCC)や新事業も立ち上げ、「新たなビジネスモデルで強靭(きょうじん)なANAグループに変えていく」と話した。
21年3月期の売上高は前年同期比62.5%減の7400億円、営業損益は5050億円の赤字(前年同期は608億円の黒字)を見込む。
国際線を中心に需要の回復が当面見込めないことから、ANAはすでに決定していたコスト削減額を積み増す。今年度は当初計画から約1500億円、来年度は約2500億円を追加削減する。
傘下の全日本空輸は今年度の退役機を当初予定の7機から35機に増やす。新たに受け取る航空機は当初計画の16機から13機に減らす。傘下のLCCピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は、予定していた2機の導入を見送る。航空機の退役に伴う減損損失などで約730億円、施設・設備などの減損も含め、今年度は特損1100億円を計上する。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。