意見聞いて適時適切な対策講じる=航空各社について赤羽国交相

意見聞いて適時適切な対策講じる=航空各社について赤羽国交相
       
[東京 27日 ロイター] - 赤羽一嘉国土交通相は27日の閣議後会見で、需要低迷が続く航空会社に関して、国内観光支援策「GoToトラベル」や段階的な出入国規制の緩和を通じ「経営環境の好転を図り、各社の意見も聞いて適時適切な対策を講じていく」との認識を示した。
赤羽国交相は「航空各社は人件費削減を含め、それぞれの事業と航空ネットワーク維持・存続のためにぎりぎりの対応をされている」と改めて指摘。その上で、引き続き状況を踏まえ必要な対策を講じると語った。
国土交通省は16日、今年8月から来年2月分の空港使用料の一部を45%減額する支援策を発表した。2月ー7月分については徴収を猶予してきた。

ANAホールディングス<9202.T>が社員の出向を検討しているとの報道については「全日空から発表があったものとは承知していない」とし、コメントを控えた。


(新田裕貴)

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の経済記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。