仏、一部のイスラム圏滞在者に注意喚起 「特別な安全対策を」

       
[パリ/モスクワ 27日 ロイター] - フランス外務省は27日、インドネシア、トルコ、バングラデシュ、イラク、モーリタニアなど、一部のイスラム圏に滞在する仏国民に対し、特別な安全対策を講じるよう注意を促した。
外務省は「とりわけ渡航中、観光客や国外居住者が集う場所で最も警戒するよう勧告する」と述べた。
フランス政府がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を正当化する中、イスラム圏では反発が広がっている。トルコのエルドアン大統領は、イスラム教への考え方を巡ってマクロン大統領には「精神的な治療が必要」と批判。トルコ国民に対しフランス製品をボイコットするよう呼び掛けた。[nL4N2HH3MZ]
ロシア・チェチェン共和国のカディロフ首長は、マクロン大統領が言論の自由を盾に預言者ムハンマドの風刺画を正当化することはテロ行為を煽るものだと警告した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。