大塚家具の久美子社長が12月1日付で辞任 ヤマダHD出身の三嶋会長が社長を兼務

記事まとめ

  • 大塚家具の大塚久美子社長が12月1日付で辞任する。
  • ヤマダホールディングス出身の三嶋恒夫会長が社長を兼務する。
  • 2021年4月期業績予想は、純損益28億円の赤字を見込んでいる。

大塚家具、久美子社長が12月1日付で辞任

大塚家具、久美子社長が12月1日付で辞任
       
[東京 28日 ロイター] - 大塚家具<8186.T>は28日、大塚久美子社長が12月1日付で辞任すると発表した。ヤマダホールディングス<9831.T>出身の三嶋恒夫会長が社長を兼務する。旧ヤマダ電機との提携による相乗効果に一定の進捗があり、来期の黒字化の道筋がつきつつあるとして、大塚久美子社長から過去の業績の責任を明確にする意味で社長と取締役を辞任したいとの申し出があったという。

大塚家具はあわせて、これまで未定としていた2021年4月期業績予想を発表し、売上高は304億円(前年同期間実績は253億円)、営業損益は26億円の赤字(同59億円の赤字)、当期純損益は28億円の赤字(同60億円の赤字)を見込んでいる。
大塚家具は20年4月期まで4期連続で営業損益と営業キャッシュフローがマイナスとなっており、上場廃止の猶予期間に入っている。業績不振の背景として、久美子氏も当事者となった経営権を巡る委任状争奪戦(2015年)によるブランドイメージ低下などを挙げており、資本業務提携した旧ヤマダ電機との提携効果などで業績回復を目指している。

*業績予想などを追加しました

(内田慎一 編集:田中志保)

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大塚家具 + 新宿」のおすすめ記事

「大塚家具 + 新宿」のおすすめ記事をもっと見る

「大塚家具 + 名古屋」のおすすめ記事

「大塚家具 + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱重工」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日の経済記事

キーワード一覧

  1. 大塚家具 名古屋
  2. 大塚家具 新宿
  3. 大塚家具 株価

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。