豪メルボルンでコロナ封鎖緩和、感染状況落ち着く

豪メルボルンでコロナ封鎖緩和、感染状況落ち着く
       
[シドニー 28日 ロイター] - オーストラリア南東部ビクトリア州の州都メルボルンで28日、3カ月以上にわたる厳しいロックダウン(都市封鎖)が緩和された。同州でこの日報告された新型コロナウイルス新規感染者数は2人。26、27日はゼロだった。
メルボルンでは28日からレストランやカフェの営業再開が認められ、家庭での集まりに関する制限も緩和された。同市では、感染第2波を受けて7月上旬から厳格なロックダウンが敷かれていた。
全体の累計感染者数は2万7500人余り。死者数は907人で、ビクトリア州が9割以上を占めている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。