ベルギー前国王、隠し子だった王女と初対面し和解

ベルギー前国王、隠し子だった王女と初対面し和解
       
[ブリュッセル 27日 ロイター] - ベルギー王室の前国王アルベール2世は、法廷闘争の末に親子関係が認められたデルフィーヌ王女と初めて対面した。王室が27日発表した。
2人は25日にブリュッセル郊外ラーケンの王宮で対面し、パオラ前王妃も同席した。
前国王夫妻とデルフィーヌ王女は連名の文書で、面会で互いに自分の考えや経験について話すことができたと説明。「混乱と傷、苦しみの後に許しと癒し、和解の時が来る。それは忍耐が必要で、ときに困難な道だが、ともに歩むことを決めた」と和解への決意を示した。以下既出
デルフィーヌ王女(52)は、前国王との親子関係の認知を求めて7年にわたり法廷闘争を続けていたが、今年に入ってDNA鑑定でアルベール2世が実父であることが判明し、王女の称号を得た。前国王は血縁関係を長年否定していた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。