米ウォルマート、火器を店頭から撤去 国内の緊張高まりで

米ウォルマート、火器を店頭から撤去 国内の緊張高まりで
       
[ニューヨーク 29日 ロイター] - 小売世界最大手の米ウォルマート<WMT.N>は29日、米国内の店頭から火器と弾薬を撤去したと明らかにした。11月3日の大統領選を巡り接戦が予想され、暴力事件が発生することが懸念されるなど、国内で緊張が高まっている事態を受け、従業員と顧客を保護する措置を取ったという。
同社は全米5000店超の店舗の約半分で火器を販売している。店頭から撤去しても、要望に応じて販売するとしている。
同社広報担当者は「個々の暴力事件が発生している。近年行なってきたのと同様、今回も従業員と利用者の安全策として、火器と弾薬を店頭から撤去した」と述べた。ただ、店頭販売再開の日程は未定と付け加えた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。