台湾GDP、第3四半期は前年比3.33%増 電子機器の輸出が好調

台湾GDP、第3四半期は前年比3.33%増 電子機器の輸出が好調
       
[台北 30日 ロイター] - 台湾主計総処が発表した第3・四半期の域内総生産(GDP)速報値は前年比3.33%増加し、約2年ぶりの大幅な拡大となった。ロイターがまとめた市場予想の1.5%増も上回った。ハイテク輸出が好調だったほか、消費者信頼感も回復した。
第2・四半期の改定値は前年比0.58%減で、約11年ぶりの大幅なマイナス成長となっていた。
政府によると、輸出が「予想より大幅に好調」だったことが主因だという。次世代通信規格「5G」や在宅勤務向けの電子機器への需要がおう盛で、関連製品の輸出は前年比20%超増加した。
主計総処幹部は、通年の成長率予想を1.9%とし、8月時点に示した5年ぶり低水準となる1.56%から上方修正した。年末商戦に向けて電子機器の輸出需要が強まり経済の回復に貢献すると見られるほか、域内の消費も「大幅に拡大する」という。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。