イラン、必要ならウラン濃縮度60%まで引き上げ=ハメネイ師

イラン、必要ならウラン濃縮度60%まで引き上げ=ハメネイ師
       
[ドバイ 22日 ロイター] - イランの最高指導者ハメネイ師は22日、核活動を巡る米国の圧力に決して屈しないと述べ、必要に応じてウラン濃縮度を最大60%に引き上げる可能性があると述べた。
国営テレビによると、ハメネイ師は「イランのウラン濃縮度は20%に限定されない。必要な水準まで引き上げる。60%まで引き上げる可能性がある」と述べた。ただ、ウラン濃縮を兵器に利用する意図はないと改めて表明した。
2015年のイラン核合意は濃縮度の上限を3.67%と規定。核兵器製造には90%が必要とされている。
米国のブリンケン国務長官はこの日、ジュネーブ軍縮会議向けに事前に収録された演説で、制裁措置の大部分の解除と引き換えに、イラン核合意を強化、延長する意思があると表明。「イランが核保有国にならないよう引き続きコミットしている。この目標実現に外交が最善の道筋となる」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月23日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。