焦点:サウジ投資会議ボイコット相次ぐ、経済に政治リスク波及

焦点:サウジ投資会議ボイコット相次ぐ、経済に政治リスク波及
[ドバイ 19日 ロイター] - サウジアラビアの反体制記者ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ領事館を訪問後に死亡した事件を巡り、欧米の多くの金融機関トップや政府高官らが今週サウジで開催される経済投資フォーラム「未来投資イニシアチブ」の参加見送りを決めた。
西側としてはサウジの政治リスクが高まっていることを改めて認識させられた形で、長期的に同国の外資誘致や脱石油依存に向けた改革の取り組みを損なう要素となりかねない。
欧米企業は今後、サウジとの新規事業の大半を手控える公算が大きい。同国と取引することで生じる悪評や、欧米政府が何らかの制裁を発動した場合に対象になる事態を懸念しているためだ。
これらの企業によるサウジへの投資だけでなく、サウジの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」の海外投資もストップするかもしれない。
ユーラシア・グループの中東問題責任者Ayham Kamel氏は「ほとんどの西側企業は、カショギ氏の事件を踏まえてサウジ向け事業の見直しを迫られるだろう」と語った。
もっとも新規事業凍結の動きは、数カ月もすれば下火になる可能性がある。多くの西側企業にとって、サウジに保有する権益はあまりにも大きく、同国との縁を完全に切ることはできない。
例えばブラックロック<BLK.N>のラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は、未来投資イニシアチブへの欠席を表明しながらも、長年築いてきたサウジとの関係自体は維持するとの考えを示した。

あわせて読みたい

「焦点:サウジ投資会議ボイコット相次ぐ、経済に政治リスク波及」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    日本にとっては中韓朝のほうがはるかに危険だと思うけど

    5
  • 匿名さん 通報

    サウジ側は、自業自得だからなあ❗

    1
  • 匿名さん 通報

    米欧には異常な巨額訴訟があるから法人にとっては米欧のほうが危険かも。巨額訴訟対策練らぬまま、喜々と米欧進出したがる法人は少し間抜けと思う。反日無罪の中韓にのこのこ出ていく間抜けと通じる所ある

    0
  • 匿名さん 通報

    金正恩君もムハンマド皇太子も、自分(国家)に反対する者は逆賊として殺すとは、何とも野蛮な国の独裁者ではあるが、犯行を日本流にいえば、独裁者の顔色を伺う忖度付きの殺人なの?

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。