アングル:中国人、ギリシャ不動産の「爆買い」に走る訳





Angeliki Koutantou
[アテネ 29日 ロイター] - アテネの空港では、週に3回到着する何百人もの中国人投資家を、ギリシャの不動産仲介業者が出迎えている。売り出し中の物件に案内するため、市内の現場に車で直行する。
底値の不動産価格と、欧州の中でも寛大な「ゴールデン・ビザ」制度に引き寄せられ、中国からギリシャにやって来る訪問者は後を絶たない。ギリシャの場合、不動産に25万ユーロ(約3200万円)投資すれば、更新可能な5年間の滞在許可が得られる。
それは、首都アテネにあるアクロポリスの丘を一望できる寝室3部屋付きの物件を購入するには十分な額だ。
ギリシャ経済が2009年の債務危機を受けて崩壊し始めてから、初めて不動産市場に回復の兆しが見えている。ただし不動産価格はピーク時と比べ、いまだに4割程度低い水準にある。
アテネ在住のバシリスさんは昨年、自宅の買い手を見つけることをほぼあきらめかけていたとき、自宅アパート前に止まったミニバンから、中国人家族4人が降り立った。その翌日、バシリスさんはオファーを受けたという。
「彼らが内見したのは一度だけ。頭金を支払ってもらい、売却手続きが始まった」
バシリスさんは2007年、将来有望なイェラカス郊外の物件を32万ユーロで購入した。その後、成人した子ども2人にそれぞれアパートを買ってやるため、自宅の売却を決めたという。バシリスさんは中国人家族に22万ユーロで自宅を売った。

あわせて読みたい

「アングル:中国人、ギリシャ不動産の「爆買い」に走る訳」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    日本だって空き家買ってるのは、中国人ですがね・・

    5
  • 匿名さん 通報

    早く中国つぶれてくれないかな。バブル時の絵画購入日本よりたちが悪い。こいつらにモラルはない。

    2
  • 匿名さん 通報

    「バブル時の絵画購入日本よりたちが悪い」…日本を贔屓目にみても、やっぱり同レベルだよ。絵画以外でも当時の日本人はモラルの欠けた行動を海外でやってた。

    2
  • 匿名さん 通報

    弱った国を狙うハイエナ中国、1千万の人口のギリシャなら2千万(中国人口の1.5%)の中国人を送り込めば中国の属国

    1
  • 匿名さん 通報

    買うならまだまし。うちの近所なんか農家から逃亡した不良中国人が勝手に住み着いてるわ。下手に移民なんぞ許したらどうなるか。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。