米ディズニー、7─9月期決算予想上回る 映画・テーマパーク好調

米ディズニー、7─9月期決算予想上回る 映画・テーマパーク好調
[8日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>の第4・四半期(7─9月)決算は利益と売上高が予想を上回った。映画「アントマン&ワスプ」のヒットのほか、夏季に傘下のテーマパークへの来場者が増えたことが追い風となった。
決算発表を受けディズニーの価は時間外取引で1.7%高の118ドルとなっている。
ディズニー帰属の純利益は23億2000万ドル(1当たり1.55ドル)と、前年同期の17億5000万ドル(同1.13ドル)から33%増加。一時項目を除く1利益は1.48ドルと、リフィニティブがまとめたアナリスト予想の1.34ドルを上回った。前年同期の1利益は1.07ドルだった。
総売上高は143億1000万ドルと、127億8000万ドルから12%増加。アナリスト予想の137億3000万ドルを上回った。
部門別の売上高は、スタジオ部門が50%増の21億5000万ドルと、アナリスト予想平均の18億ドルを上回った。テーマパーク・リゾート部門は8.6%増の50億7000万ドルだった。
営業利益はテーマパーク部門が11%増の8億2900万ドル。スタジオ部門は5億9600万ドルと倍以上に増加した。
メディア・ネットワークス部門の営業利益は4%増の15億ドル。ABCの番組の売り上げの伸びなどが寄与した。
スポーツ専門チャンネル「ESPN」の契約者は、デジタルプラットフォームを通じた視聴への移行を背景に、減少が続いた。

あわせて読みたい

「米ディズニー、7─9月期決算予想上回る 映画・テーマパーク好調」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    中国との貿易戦争やトランプを平和で明るい未来と、庶民は感じて安心して子供を遊びに連れていったのだろうか

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。