英国、EU残留か合意なき離脱の公算大きい=シティ

英国、EU残留か合意なき離脱の公算大きい=シティ
[ロンドン 15日 ロイター] - 米シティ<C.N>は15日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)について、前日に閣議了承された暫定離脱合意案に基づき離脱するよりも、EUに残留するか、合意がないまま離脱する公算の方が大きくなっているとの見方を示した。
シティのアナリスト、ティム・フォーダム氏とクリスチャン・シュルツ氏は顧客向けのノートで「(閣議了承された)現在の離脱条件が承認されるよりは、『ブレグジットなし』か『合意なきブレグジット』の公算がかなり大きいと見ている。この2つの可能性は英経済と市場にとりそれぞれ最善、最悪の結果となる」とした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2018年11月16日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。