米テスラ、月末までのモデル3受注は年内納車へ=マスクCEO

米テスラ、月末までのモデル3受注は年内納車へ=マスクCEO
[15日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は15日、セダンタイプの「モデル3」について今月中の受注分は年内に納車すると表明した。
テスラ車の購入者が受ける連邦政府の税額控除は、全額の7500ドルが維持されるのが、同社の米国内販売台数が20万台に達した7月から半年間のため、12月末が期限だ。その後は控除額が段階的に縮小され、最終的にゼロになる。
マスク氏は「当社は11月30日までに注文を受ければ、12月末までに確実にモデル3を納車できるだけのトラック輸送能力を確保した」と述べ、東海岸向けでは鉄道からトラックに運搬手段を切り替えたことで、納期を1カ月短縮できたと説明した。
同社は以前、10月15日までの注文なら年内納車が可能との見方を示していた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2018年11月16日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。