ゴーン氏巡る日産社内調査が拡大、側近も対象に=関係筋

ゴーン氏巡る日産社内調査が拡大、側近も対象に=関係筋
[北京 11日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は、カルロス・ゴーン前会長に関する社内調査の対象地域をインドなどにも拡大し、側近の上級幹部についても調べている。複数の関係筋が明らかにした。
2008年、インドの販売・アフターサービスなどの連携相手にフーバー・オートモーティブ・インディア(HAI)を選定したことについて、ゴーン氏の関与を調べている。日産社内関係者4人によると、現地の同社経営陣は調査の末、TVSという別企業を候補に選んだものの、ゴーン氏が土壇場で介入してHAIを推した。HAIはディーラーへの車両販売実績に比較的乏しかったが、12年にインドで日産の販売を一手に引き受けるようになったという。同国の会社登記簿によれば、HAIは昨年9月11日時点で解散した。
関係筋の1人は、ブラジルでのゴーン氏の護衛サービスに対する支払いが過剰とみられる点も調査中と明かした。
また、サウジアラビアのアル・ダハナなど中東の一部販売バートナーについても精査しているという。
アル・ダハナは、サウジ実業家のKhaled Al-Juffali氏が過半数株主で、日産子会社の合弁会社「日産ガルフ」に50%を出資している。
ロイターは先に関係筋の話として、東京地検に再逮捕されたゴーン前会長に対する容疑は、私的な損失に絡み同氏に協力したとされるAl-Juffali氏への支払いに日産の資金を充てた疑いが中心となっていると伝えた。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. カルロス・ゴーン 逮捕
ロイターの記事をもっと見る 2019年1月12日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「カルロス・ゴーン + 逮捕」のおすすめ記事

「カルロス・ゴーン + 逮捕」のおすすめ記事をもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。