トランプ米大統領、非常事態宣言「急がず」 議会の行動見極めへ

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、メキシコ国境の壁建設費用を確保し政府機関の一部閉鎖を終わらせるために、国家非常事態を宣言する用意は足元なく、議会の行動を見守りたいと語った。
トランプ大統領は「議会が責務を果たすことを望んでいる」とし、「現時点で、国家非常事態の宣言は想定していない」と語った。
他の項目に割り当てられた予算を転用するために、国家非常事態を宣言する権限を握っているとの見方をあらためて示しつつも、「急いではいない」と述べた。
トランプ大統領が要求するメキシコ国境の壁建設費用を巡り、議会での対立は続いており、政府機関の一部閉鎖はこの日21日目に突入した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年1月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。