ベネズエラ産油量、20年に日量70万バレル割れの可能性=調査会社

[ロンドン 11日 ロイター] - エネルギー専門調査会社リスタッドによると、ベネズエラの原油生産量が2020年に日量68万バレルと、昨年末の134万バレルから大きく減少する可能性があるとの見通しを示した。
リスタッドは可能性は低いとしつつも、現状が続き、ベネズエラが米国の制裁の影響を相殺できず、新たな資金を調達できなければ、今年の産油量が日量80万バレル、20年には70万バレルを割り込み68万バレルになる可能性があると試算した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年2月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。