安倍晋三首相、「悪夢のような民主党政権」発言を”言論の自由ある”

記事まとめ

  • 安倍晋三首相は「悪夢のような民主党政権」との発言について「少なくともバラ色の民主党政権ではなかった」と強調。
  • 立憲民主党の岡田克也委員に対し答弁した。
  • 首相は過酷な事故が起こったことについては、第一次安倍政権も含め歴代政権として反省していると述べた。

悪夢のような民主党政権発言、「言論の自由ある」=安倍首相

悪夢のような民主党政権発言、「言論の自由ある」=安倍首相
[東京 12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日午前の衆院予算委員会で、「悪夢のような民主党政権」との発言について「自民党総裁として言論の自由がある」と述べ、「少なくともバラ色の民主党政権ではなかった」と強調した。立憲民主党の岡田克也委員に対する答弁。
岡田氏は民主党政権は過去の自民党政権の重荷も背負ったと述べ、原発事故を取り上げた。首相は過酷な事故が起こったことについては第一次安倍政権も含め歴代の政権として反省していると述べた。




(竹本能文※)

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年2月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。