北の非核化には多国間の保証必要、「米だけでは不十分」=ロ大統領

北の非核化には多国間の保証必要、「米だけでは不十分」=ロ大統領
[モスクワ/ウラジオストク(ロシア) 25日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は25日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談終了後に記者団に対して、朝鮮半島の非核化や制裁、米国について話し合ったことを明らかにした。
両首脳はロシア極東ウラジオストクで会談。プーチン大統領は「会談の成果に満足している」と述べた上で、核プログラムを廃棄するためには、北朝鮮が国際的な安全の保証を必要としていると指摘。こうした保証が機能するには、日本を含め核問題に関する6カ国協議の参加国による多国間の枠組みの中で提供される必要があり、米国だけの保証では不十分との考えを示した。
プーチン氏は「北朝鮮に必要なのは安全の保証だけであり、われわれは一丸となって考えなければならない。こうした安全の保証は国際的な枠組みでなければ成り立たず、2国間合意では不十分だ」と語った。
北朝鮮の核問題を話し合う6カ国協議にはロシア、中国、日本、米国、韓国、北朝鮮が参加。プーチン大統領は北朝鮮に対する保証は国際的なもので、法的拘束力があり、かつ北朝鮮の主権を保証するものである必要があるとの考えを示した。
プーチン氏と金委員長の初会談では実質的な進展はなかったとみられるが、両氏は相互に好意的な印象を受けたもよう。数人の側近のみを交えた会談は予定されていた50分の倍に延長された。
プーチン大統領は金委員長について「非常にオープンで、思慮があり、興味深い」と評した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年4月26日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ドナルド・トランプ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドナルド・トランプ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バラク・オバマ」のニュース

次に読みたい関連記事「バラク・オバマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「首相」のニュース

次に読みたい関連記事「首相」のニュースをもっと見る

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。