米通商代表部、中国サイトのピン多多を「悪質市場」に追加

米通商代表部、中国サイトのピン多多を「悪質市場」に追加
[25日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は25日、中国の電子商取引サイト運営大手、ピン多多(ピンドォドォ)<PDD.O>を知的財産権を侵害する「悪質な市場」リストに加えた。
貿易相手の知的財産権保護状況の年次審査結果を公表。その中で、アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>傘下で中国最大の電子商取引サイト、淘宝網(タオバオ)をリストに残し、中国も「優先監視国」に据え置いた。
ピン多多について、USTRは「価格を意識する大勢の買い物客が偽造品流通を把握しているとされるが、低価格商品に魅力を感じている」と指摘した。
これを受けてピン多多の広報担当者は、偽造品は「業界全体の問題」だとし、自社サイトの取り締まりに向け、貿易協会や商標権の保有者、規制当局と協力する方針を示した。
発表文書で「ワールドクラスのショッピング体験を顧客に確実に提供すべく、われわれは偽造品の販売業者に対する厳しいペナルティーを設けているほか、法執行機関と緊密に連携し、疑わしい商品を事前に削除する技術を導入している」と説明した。
中国の指定について、USTR当局者は記者団に「広範な知的財産関連の懸念に緊急に対処する必要性を反映させた」と説明した。
対中通商交渉の進捗状況には言及を控えたが、通商法301条に基づく追加措置の可能性はあるとの認識を示した。
このほか、サウジアラビアを優先監視国に指定。海賊版コンテンツの違法サービス「BeoutQ」が一因という。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年4月26日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。