メキシコ南部の収容所から移民が逃走、約600人が所在不明

メキシコ南部の収容所から移民が逃走、約600人が所在不明
[タパチュラ 25日 ロイター] - 地元当局によると、25日晩にメキシコ南部タパチュラの収容センターから約1300人の移民が逃走した。
移民局によると、半数以上が戻ったが約600人は依然として所在不明。
逃走を主導したとみられるのは、収容センターで大半を占めるキューバからの移民。現地紙レフォルマによると、ハイチや中米各地からの移民も含まれていた。
収容センターは各地から到着した人々であふれ、今回の一件でメキシコの対応が限界に近づいている状況があらためて浮き彫りになった。
トランプ米大統領は南米からの移民流入阻止に躍起になっており、メキシコは過去30日で1万5000人を強制送還した。
トランプ氏は24日、メキシコが移民集団を阻止しなければ、同国との国境の一部を閉鎖すると警告した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年4月26日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。