米中貿易摩擦、企業信頼感損なう恐れ=リッチモンド連銀総裁

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は15日、米中貿易摩擦が企業信頼感を損なう可能性があるとし、貿易摩擦が引き起こす恐れのある影響を注視していると語った。
同時に、貿易問題が近く解消されれば、「米経済への大きな影響は想定していない」と述べた。
ムニューシン米財務長官は15日、米中通商協議について「なすべきことは多く残されている」とし、近く北京を訪問する可能性があると述べた。
朝方発表された米小売統計が市場予想に反し減少したことについては、自身の予想ほど良好ではなかったとしつつも、基調的な消費動向は「極めて堅調」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年5月16日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。