オフィスシェア大手ウィーワーク 第1四半期の赤字が1000万ドル縮小

記事まとめ

  • オフィスシェア大手「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーは第1四半期の純損失が前年同期の2億7400万ドルから2億6400万ドルに縮小したと発表した。
  • 売上高は7億2830万ドルに増加し、3月の増加ペースを維持すれば、年間売上高は30億2000万ドルに達するとの見通しを示した。
  • 手元資金は40億ドルあり、同社に出資しているソフトバンクからのワラントを通じて、2020年4月にさらに15億ドルを受け取る予定。

オフィスシェア大手ウィーワーク、第1四半期は赤字が縮小

オフィスシェア大手ウィーワーク、第1四半期は赤字が縮小
[ニューヨーク 15日 ロイター] - オフィスシェア大手「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーは15日、第1・四半期の純損失が前年同期の2億7400万ドルから2億6400万ドルに縮小したと発表した。
売上高は7億2830万ドルに増加。3月の増加ペースを維持すれば、年間売上高は30億2000万ドルに達するとの見通しを示した。
利払い・・償却前利益(EBITDA)は2億2000万ドルの赤字で、赤字幅は前年の1億0700万ドルから約2倍に拡大した。
手元資金は40億ドル。同社に出資しているソフトバンクからのワラント(新株予約権)を通じて4月15日に10億ドル増加した。2020年4月にさらに15億ドルを受け取る予定。
第1・四半期の会員数は46万6000で、前年同期の21万9000から増加した。従業員数が最低でも1000人の企業顧客は17万5000に増え、顧客全体の40%に達した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年5月16日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。