台湾、同性婚の合法化法案を可決 アジアで初

台湾、同性婚の合法化法案を可決 アジアで初
[台北 17日 ロイター] - 台湾の立法院(国会に相当)は17日、同性婚を合法化する法案を可決した。蔡英文総統の署名を経て正式に成立する。成立すれば、アジアで初となる。同性婚に異性婚と同様の法的保護を認める法案は、与党・民主進歩党(民進党)議員が支持し、賛成66、反対27の賛成多数で可決した。
立法院の周辺では、強い雨にもかかわらず、推進派が虹の旗を振り歓声をあげた。
ただ、同性婚に養子縁組や国際結婚といった重要な権利が認められるかは、立法院で17日も審議が続いており、現時点ではっきりしない。
台湾では、同性婚の権利を巡り、長く論争が繰り広げられ、2017年に司法院大法官会議(憲法裁判所)が同性カップルが結婚する権利があるとの判断を示し、今年5月24日までに必要な法整備を求めていた。
*見出しと本文の誤字を修正しました。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年5月20日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。