利下げは悪い政策、企業は人材確保に苦慮─クリーブランド連銀総裁=報道

[23日 ロイター] - メスター米クリーブランド地区連銀総裁は、利下げは悪い政策だとした上で、金利据え置きにより物価目標の達成は可能との認識を示した。
総裁はブルームバーグ・ニュースとのインタビューで「インフレ期待を本当に押し上げたいのなら、非常に積極的な政策を取るべき。ただしそれは物価目標しかない場合であって、(最大雇用という)もう一つの目標もある状況では過度のリスクを抱えることになり、悪い政策となる」とした上で「目標からかけ離れていないのであれば、一段と慎重に対応すべき」と述べた。
また米中貿易摩擦を巡る不透明感がクリーブランド地区の企業を圧迫していることは確かだが、企業は関税よりも人材の確保を心配しているとした。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年5月24日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。