米国務長官、30日から欧州4カ国歴訪 独首相らと会談

[ベルリン 24日 ロイター] - 米国務省は24日、ポンペオ国務長官が5月30日から6月5日の日程でドイツ、スイス、オランダ、英国を訪問すると発表した。ドイツ側によると、長官は31日にベルリンでメルケル首相と会談する。
ドイツ政府報道官は、会談でイラン問題が焦点になると指摘。メルケル首相は核開発などの問題を平和的に解決すべきとの立場を強調する方針だと述べた。
ポンペオ長官はもともと5月初めにドイツを訪問する予定だったが、直前になってイラク訪問に予定を変更したため、ドイツ訪問は中止となっていた。
米国務省は、長官がドイツでマース外相とも会談すると明らかにした。
*情報を追加します

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年5月25日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。