原油先物は4%急落 米在庫増加や需要鈍化懸念で

記事まとめ

  • 原油先物は米国時間の取引で4%下落し、清算値としては約5カ月ぶりの安値を付けた。
  • 清算値は北海ブレント先物が2.32ドル安の1バレル59.97ドル、米WTI原油先物は2.13ドル安の50.72ドルだった。
  • 米原油在庫が予想外に増加したほか、世界的な石油需要に対する弱気な見通しが背景にある。

訂正:米国時間の原油先物は4%急落、米在庫増や需要鈍化懸念で

訂正:米国時間の原油先物は4%急落、米在庫増や需要鈍化懸念で
[ニューヨーク 12日 ロイター] - 原油先物は米国時間の取引で4%下落し、清算値としては約5カ月ぶりの安値を付けた。米原油在庫が予想外に増加したほか、世界的な石油需要に対する弱気な見通しが背景。
清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が2.32ドル(3.7%)安の1バレル=59.97ドルで、1月28日以来の低水準。米WTI原油先物<CLc1>は2.13ドル(4.0%安)の51.14ドル(訂正)で、1月14日以来の安値だった。
米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が12日発表した週間石油統計(6月7日まで)によると、米国の原油在庫は220万6000バレル増加した。予想は48万1000バレルの減少だった。
EIAによると、民間在庫は4億8550万バレルで、2017年7月以来の高水準。この時期の5年間平均を約8%上回っているという。
*本文2段落目の米WTI原油先物の清算値を「50.72ドル」から「51.14ドル」に訂正しました。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月13日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。