スタバ元CEO 米大統領選出馬検討を中断し術後のリハビリに専念

記事まとめ

  • 米大統領選への出馬を検討していたスターバックスのハワード・シュルツ元最高経営責任者は、出馬検討を中断すると発表した。
  • シュルツ氏によると、今春に背中の手術を3回受け、夏はリハビリに専念するという。
  • 同氏は、米国の将来に対する懸念は残っており、選挙を経て米国民がもっと多くの恩恵を受けるべきだという信念も変わらないと説明した。

スタバ元CEO、米大統領選出馬検討を中断 術後のリハビリに専念

スタバ元CEO、米大統領選出馬検討を中断 術後のリハビリに専念
[ワシントン 12日 ロイター] - 来年の米大統領選への出馬を検討していた、米コーヒーチェーン大手スターバックス(スタバ)<SBUX.O>のハワード・シュルツ元最高経営責任者(CEO)は12日、出馬検討を中断すると発表した。今春に背中の手術を3回受けたという。
シュルツ氏は支持者に宛てた電子メールで「現在はずっと楽になった。安静にしてリハビリをすれば、完全に回復すると医師は診断している。夏はそれに専念することに決めた」と明らかにした。
シュルツ氏によると、4月にアリゾナ州で背中に鋭い痛みを感じ始め、その後手術を3回受けた。
不本意ながら出馬検討の中断を決めたとし、米国の将来に対する懸念は残っており、選挙を経て米国民がもっと多くの恩恵を受けるべきだという信念も変わらない、とメールで説明した。
シュルツ氏は独立候補としての出馬を検討しており、トランプ米大統領(共和党)への反対票が割れる可能性を懸念した民主党から厳しい批判を受けていた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月13日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。