キリンがクラフトビール定額サービス17日から開始 月額2496円で1日1杯

記事まとめ

  • スプリングバレーブルワリーは、税込み月額2496円で好きなクラフトビールを1日1杯飲めるサービス「CLUB BTG」を始めると発表した。
  • 同サービスは、平日のみ利用可能、「BEER TO GO」で17日から提供する。
  • 250ミリリットルのレギュラーサイズで、最大17種類のクラフトビールの中から選ぶことができる。

キリンがクラフトビール定額サービス開始、月額2496円で1日1杯

キリンがクラフトビール定額サービス開始、月額2496円で1日1杯
[東京 13日 ロイター] - キリンビール傘下でクラフトビールを手掛けるスプリングバレーブルワリー(SVB)は13日、月額2496円(込み)で好きなクラフトビールを1日1杯飲めるサービスを東京・銀座で始めると発表した。月額課金制にすることで、近隣で働く会社員がクラフトビールを気軽に飲めるようにする。
会見したSVBの島村宏子社長は「クラフトビールをいろいろな人に飲んでもらうきっかけにしたい」と語った。
始めるのは「CLUB BTG」。SVBが銀座ソニーパーク内で運営する「BEER TO GO」で17日から提供する。平日のみ利用可能で、最大17種類のクラフトビールの中から選ぶことができる。
サイズはレギュラーサイズ(250ミリリットル)。通常1杯500円で提供している。
月額課金制はサブスクリプションサービスと呼ばれ、動画・音楽配信からコーヒーやラーメンまで、幅広い分野でサービスが提供されている。

(志田義寧)

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月13日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。