焦点:日銀、金融政策維持へ 米中摩擦のリスクなど点検

焦点:日銀、金融政策維持へ 米中摩擦のリスクなど点検
[東京 17日 ロイター] - 日銀は19、20日の金融政策決定会合で、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)付き量的・質的金融緩和政策の維持を決める見通し。5月に入って情勢が急変している米中貿易摩擦や、それに対する市場の反応などが経済に与える影響について議論を深めることになる。
米国が中国の対米輸出2000億ドル相当の関税引き上げを実施し、中国も米国の対中輸出600億ドルの関税引き上げを行うなど、5月に入り米中間の貿易摩擦が激化している。
5月景気ウオッチャー調査で景気の現状判断DIが2カ月ぶりに悪化し、センチメントを示すソフトデータの一部には米中貿易摩擦悪化の影響が出始めている。
一方、中国向け輸出や生産、設備投資などのハードデータはまだ出ていない。政策委員会の内部では、5月以降の状況を踏まえた経済指標や6月日銀短観を見極めたいとの声が多く、現時点では日銀が描く「年後半回復」のシナリオは維持される見通し。
今月8、9日に福岡で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では「貿易と地政を巡る緊張は増大してきた」との懸念を示しながらも、世界経済について「足元で安定化の兆しを示しており、総じて今年後半、2020年に向けて緩やかに上向く見通し」との認識を共有した。
物価面も大きな変化はない。4月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は前年同月比0.9%上昇し、前月の0.8%上昇からプラス幅が拡大した。米中貿易摩擦を受けた商品市況の下落や、中東情勢を受けた原油価格の変動など不透明要因は多いものの、現時点で「物価2%に向けたモメンタム」は維持されているとみている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月17日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。