英格付け、合意なき離脱でも2段階引き下げの公算小=フィッチ

[18日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは18日、英国が条件などで合意しないまま欧州連合(EU)を離脱する事態になっても、英国の格付けが2段階引き下げられる公算は小さいとの見方を示した。
S&Pグローバルなど他の格付け会社はこれまで、合意なき離脱になれば英国の格付けは最大で2段階引き下げられる可能性があるとの見方を示している。
ただ、フィッチのマネジングディレクター、トニー・ストリンガー氏は、2段階の格下げについて「経済に対する厳しい下方リスクがあるとの分析結果が示される必要がある」とし、実現性の低いシナリオとの見方を示した。
英国ではメイ首相の後任を決める与党・保守党の党首選第1回投票で離脱推進派のジョンソン前外相が最大の票を獲得。市場では英国は合意なき離脱に向かっているとの観測が出ている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月19日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。