アングル:イラン合意存続目指す英仏独、「次の一手」が限界か

アングル:イラン合意存続目指す英仏独、「次の一手」が限界か
[パリ/ブリュッセル/ワシントン 18日 ロイター] - 英国、フランス、ドイツの3カ国(E3)は、2015年に締結したイラン核合意存続に向けて新たな手を打つ方針だ。ただイランにこうした外交的な働き掛けをする局面は、もはや終わりに近づいているかもしれない。
E3は核合意の枠組みについて、トランプ米政権が昨年一方的に離脱してイランへの制裁を復活した後も、何とか維持しようとぎりぎりの努力を続けている。イランは当初、トランプ大統領が来年の選挙で落選する事態を期待してひたすら待ちの姿勢を取っていたもようだが、今年5月に米国がイラン産原油の完全な禁輸を目指すと決めたことで、目算が狂った。
その結果、中東で相次いでタンカーが攻撃される事件が発生。イランは否定するものの、米政府はイランか、その影響下にある勢力が背後にあると批判している。さらにイランは17日、低濃縮ウランの貯蔵量が10日後の27日に核合意で定められた上限を超過すると表明した。
ある欧州連合(EU)の幹部外交官は「もし上限を超えれば、EUにとっては事実上ゲームオーバーだ」と述べ、それは許容できないとの見方を示した。
こうした中で複数の外交筋の話では、E3は今後数日中に外交的な取り組みを強化し、20日にはブリュッセルでE3とEUの高官が協議する予定だ。また2人の関係者は、米国務省のイラン担当特別代表、ブライアン・フック氏は、ウラン貯蔵量が上限を突破するとイランが警告した27日に、E3の各担当高官と会談すると打ち明けた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月20日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。