ECB、下方リスク顕在化なら行動起こす=デギンドス副総裁

[べルリン 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は19日、リスクは下向きに傾いており、こうしたリスクが顕在化すればECBは行動を起こすと述べた。
デギンドス副総裁はCNBCに対し、「フォワードガイダンス、貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)、償還を迎える債券の再投資など、ECBが利用できる政策手段は多岐にわたって存在している。量的緩和(QE)もその1つだ」と述べた。
ドラギECB総裁は前日、物価の伸びが低迷し、目標を達成できない状況が続いた場合、ECBは利下げや資産買い入れなどの金融緩和を再度行うと明言し、物価押し上げへの決意を表明した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月20日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。