米FRB、政策運営で大統領の影響受けるべきでない=ペロシ氏

[ワシントン 19日 ロイター] - 米民主党のペロシ下院院内総務は19日、連邦準備理事会(FRB)は独立しているべきで、金融政策運営に当たりトランプ大統領の影響を受けるべきではないとの考えを示した。
ペロシ氏はクリスチャン・サイエンス・モニターが主催した朝食会で、「大統領が自身の政策に合うよう、FRB議長に利上げもしくは利下げを迫るのは最も望ましくない」とし、米国は独立したFRBを必要としていると述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月20日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。