イラン撃墜の米無人偵察機、残骸は公海上に=米当局者

[ワシントン 20日 ロイター] - イランに撃墜された米軍の無人偵察機について、米当局者はロイターに対し、無人偵察機の残骸はホルムズ海峡の国際水域にあり、米海軍の船舶がこの海域に派遣されていることを明らかにした。
イランの精鋭部隊「イスラム革命防衛隊(IRGC)」は、米軍の無人偵察機が南部ホルモズガン州で「イラン領空に入った際」に撃墜した[nL4N23R1GH]としており、残骸が公海上にあるとすれば矛盾することになる。
撃墜されたのは米海軍の「MQ-4Cトライトン」。米軍は残骸が浮遊している具体的な海域について現時点では明らかにしていないが、残骸の位置が確認されれば、イラン側の主張に疑義が生じる物的な証拠になる可能性がある。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月21日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。