トランプ氏、イランによる無人機撃墜は「誤射」 意図的でない

トランプ氏、イランによる無人機撃墜は「誤射」 意図的でない
[ドバイ/ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、イランが米軍の無人偵察機を撃墜したことについて「誤射」によるものとの見方を示した上で、有人飛行機が撃墜されていたら状況は大きく違っていたと発言した。
トランプ氏は記者団に対し、イランの行動は容認できないとする一方、「おそらく間違いをやらかしたのだと思う。将校か誰かが誤ってドローンを撃ち落してしまったのだろう」とした上で「ドローンには誰も乗っていなかった。(もし誰かが乗っていたら)状況は大分違っていたと言っておきたい」と語った。「正直なところイランが意図的にやったとは到底思えない」とも明かした。
先週、オマーン沖で石油タンカー2隻が攻撃を受けて以降、イランと米国の軍事対立を巡る懸念が高まっている。攻撃に関して米政府はイランを非難しているが、イランは関与を否定している。
今回撃墜されたのは米海軍の「MQ-4Cトライトン」。イランの精鋭部隊であるイスラム革命防衛隊(IRGC)は、無人偵察機が南部ホルモズガン州の「イラン領空に入った際」に撃墜したと明かした上で「ドローン撃墜は米国への明らかなメッセージだ」と述べた。
これに対し米軍は、無人偵察機が攻撃を受けた際、ホルムズ海峡上の国際空域を高い高度で飛行していたと指摘。これは最も近いイランの沿岸から約34キロ離れた地点だったとし、無人偵察機は「飛行中はいかなるときも」イランの領空を侵犯していなかったと反論した。また米当局者も偵察機の残骸は公海上にあると明言した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年6月21日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。